有馬温泉で銀泉(無色透明な湯)と呼ばれる炭酸泉・ラジウム泉を利用した外湯です。鐘楼をイメージした外観の大浴場など、神社やお寺が集まる寺町界隈の雰囲気に合わせた和風のたたずまいの中で、ゆったりとおくつろぎください。
毎年六月、初夏の見どころとして、銀の湯の庭にも、沙羅の花(夏椿)が咲きそろいます。沙羅樹は一日で散るところから無常を感じる花とされています。

戻る