上下二段に落ちるため、水の落下音が周囲の山に響き、鼓を打つ音に似ていることから「鼓ケ滝」と呼ばれています。滝から流れる「滝川」は、バスターミナルの辺りで地下水路となり、ねね橋のすぐ下で六甲川と合流します。