太閤橋から少し上流に行くと、小ぶりな「ねね橋」。その袂に、太閤秀吉の像と向き合うように、秀吉の正室「ねね」の像が建てられています。