太閤橋の東側にどっしりそぴえる巨岩は、高さ、直径とも約3メートル。有馬の神が着物の袂(たもと)から取り出して投げた小石、あるいは病魔退散を祈って投げた石ともいわれています。