この地は湯泉神社の御旅所にして清水湧き出でて極めて清烈なり。
穴虫の清水(己貴清水)と呼ばれる清烈な清水が湧き出ており、湯泉神社の御旅所とされています。
水神さんとして親しまれており、 秋祭りのお神輿は、あなむちの神地を経て湯泉神社に向かいます。
神代に、大己貴命と少彦名命がこの地に降臨されたところから、「神地己貴(しんち・あなむち)」と伝えられています。
傍らに鎮座石として幅2m、高さ1mほどの石が二つあり、その一つには「青蛾石」という三字が刻まれていますが、江戸末期の修験者の書であるとされています。