工事による休館のお知らせ 
各施設において、ご利用者多数となった場合は、入場制限となる場合がございます。


2024.03.01
4月イベントカレンダーを更新しました。                  
2024.03.01
4月19日(金)「金の湯」白湯にて「ひのき玉湯」を実施します。       
2024.02.01
3月14日(木)「金の湯」白湯にて「よもぎ湯」を実施します。        
2024.01.18
工事による休館のお知らせ                         





金の湯では、白湯にて『よもぎ湯』
実施します。
3月14日(木)
よもぎは、古くから食用や薬草として使われ、万葉集や枕草子にも詠まれています。
日本各地の山野や道端などに自生するキク科の多年草で、8月〜10月に開花する。よもぎは漢方名で『艾葉(がいよう)』と呼ばれ、“疾(やまい)を艾する(止める)”という意味を持つ、とても身近な薬草です。
昔、ケガをすれば、よもぎの草をもんで切り傷に付けたりしていました。 万能薬草で、よもぎ茶、粉で薬膳料理、アロマ、風呂、よもぎ蒸し、化粧水、お灸などに使われています。
身近にある日本のハーブ:よもぎ。よもぎの豊富な精油成分は、血行を促進させるため肩こりや腰痛、神経痛などをやわらげる働きがあり、すり傷、切り傷の止血や殺菌作用。また、冷え性、更年期障害、婦人病に効果があり、よもぎの葉の香りはストレス解消や安眠にも良いと言われています。
よもぎ湯のお風呂で、ごゆっくりお楽しみくださいませ。
 効能・効果 
・血行促進 ・疲労回復
・関節痛・神経痛の緩和
・冷え性、婦人病、美肌効果
・ストレス解消、安眠快眠効果

金の湯では、白湯にて『ひのき玉湯』
実施します。
4月19日(金)
桧は古来より、建築物の柱等に利用されてきました。また木の性質は緻密で狂いが無く、加工しやすい特徴があります。 神社や寺などで正しく使われた桧は、千年以上も持つものがあります。
日本書紀には、「杉と楠は舟に、桧は宮殿に、槇は棺に使いなさい」と書かれ、桧は宮殿建築に最適な木と知られていました。 桧には、昔から桧風呂として浴槽に利用されていました。
特有の香りがあり、お風呂に入れて森林浴気分も満たしてくれ、気持をリラックスさせてくれます。 タンスに桧を入れれば、防虫、除菌、芳香剤にも利用されています。 靴の中に桧を入れれば、消臭、除菌、防カビに利用されています。
桧玉をネットに入れ白湯に入れます。身近にある木の特性をいかした、桧玉湯をご利用ください。
 桧玉湯効能 
(1)香りが森林浴気分を満たしリラックス効果
(2)気持ちを新たにさせるリフレッシュ効果
(3)除菌、抗菌効果

有馬温泉 金の湯・銀の湯HPへはご自由にリンクしていただいて結構です。
リンクバナーをご用意いたしましたので、ご利用ください。
なお、リンクはトップページへお願いします。
※リンクされた場合は、アドレス・ご担当者のお名前・ご連絡先をお電話(078-904-0680)でご一報ください。

235×60px

143×37px