■有馬の工房臨時休館のお知らせ■
12月26日(月)〜29日(木)の4日間、有馬の工房は、工事のため臨時休館いたします。

※3Fの小宿「とうじ」利用者の方は、通常どおりご利用いただけます。
各施設において、ご利用者多数となった場合は、入場制限となる場合がございます。
当館ご利用の際は、大声での会話・マスクなしでの会話は、お控えください。

2022.11.02
12月22日(木)「金の湯」白湯にて『柚子(ゆず)湯』 を実施します。 
2022.11.01
「金の湯」・「銀の湯」12月のイベントカレンダーを更新しました。  
2022.11.01
11月27日(日)「金の湯」白湯にて『桧(ひのき)玉湯』 を実施します。
2021.04.01
ホームページを、リニューアルしました。             





 桧は古来より、建築物の柱等に利用されてきました。また木の性質は緻密で狂いが無く、加工しやすい特徴があります。
 神社や寺などで正しく使われた桧は、千年以上も持つものがあります。
 日本書紀には、「杉と楠は舟に、桧は宮殿に、槇は棺に使いなさい」と書かれ、桧は宮殿建築に最適な木と知られていました。
 タンスに桧を入れれば、防虫、除菌、芳香剤にも利用されています。
 靴の中に桧を入れれば、消臭、除菌、防カビに利用されています。
 桧には、昔から桧風呂として浴槽に利用されていました。
 特有の香りがあり、お風呂に入れて森林浴気分も満たしてくれ、気持をリラックスさせてくれます。
 桧玉をネットに入れ白湯に入れます。身近にある木の特性をいかした、桧玉湯をご利用ください。
● 桧玉湯 効能 ●
(1)香りが森林浴気分を満たしリラックス効果
(2)気持ちを新たにさせるリフレッシュ効果
(3)除菌、抗菌効果


金の湯では、白湯にて『柚子(ゆず)湯』
実施します。
12月22日(木)
冬至は太陽が一番弱くなった日で、そしてこれから太陽が復活して行く日であります。
冬至には、運気を上げるために「ん」のつく物を食べる「運盛り」の風習があります。それは、南瓜(ナンキン:かぼちゃ)、蓮根、人参、銀杏、金柑、寒天、饂飩(うどん)の7種類で冬至の七草といわれていました。 冬至には、「ん」のつく南瓜(かぼちゃ)を食べ、柚子(ゆず)湯につかる。柚子の強い香りが邪気を払い体を清める「みそぎ」の意味があります。
冬至にゆず湯に入ると1年中風邪をひかないと言われています。 ゆずには、クエン酸やビタミンC等が豊富に含まれ、冷え性予防、ひびあかぎれの予防、保湿効果、血行促進、美肌美白効果、風邪予防、湯ざめ防止などの効果があります。
今年の冬至12月22日に柚子(ゆず)湯を行います。

● 効能・効果 ●
  冷え性予防/風邪予防/美肌美白/
  ひび、アカギレ予防/血行促進

金の湯・銀の湯大人入浴券が半額になる、サービスデーを実施いたします
◆サービスデー◆
実施日 11月 9日(水)
12月14日(水)
内 容 大人入浴料金が半額
・金の湯 650円→330円
・銀の湯 550円→280円
  小人入浴料金
・金の湯 340円→330円
・銀の湯 290円→280円
割引対象日は、他の割引券との併用や差額精算はいたしません。
●W(ダブル)ポイントデーを実施します。
実施日 11月17日(木) 30日(水)
12月 8日(木) 21日(水)
有馬温泉 金の湯・銀の湯HPへはご自由にリンクしていただいて結構です。
リンクバナーをご用意いたしましたので、ご利用ください。
なお、リンクはトップページへお願いします。
※リンクされた場合は、アドレス・ご担当者のお名前・ご連絡先をお電話(078-904-0680)でご一報ください。

235×60px

143×37px